GONGON の無線日誌

jm1wbb.exblog.jp

160m から 2m まで DX 追っかけ生活の悲喜交々

50W で 2m EME を実現するには(その7)

運用周波数は?

JT65 モードは狭帯域デジタルであるが,バンドプラン上 JT65/EME は 144.00 - 144.10144.10 - 144.20(ただし後者は外国局との交信のみ)で送信(交信)することができる.他方,米国と欧州の一部では 144.1 以下では送信することができない.以前は日本側が 144.1 以上で送信することが出来なかったためにスプリット運用を強いられペディション局との交信が困難であった.

現在の使われ方であるが,外国局との交信には主に 144.10 - 144.15 が使われている.ただしこの周波数帯は国内 SSB DX 交信に使われているため,混信に気をつける必要がある.多くの移動局が運用される休日の日中の JT65/EME 運用を避けるのはこれが理由である.ちなみに欧米ではこの周波数帯は weak signal segment に割り当てられれているのが普通である.

欧州との交信では SSB 局からの混信を避けるために 144.075 - 144.100 あたりでも運用が行われている.また国内同士の交信もこの周波数帯が使われる.

なお,JT65 モードはリグのモードを USB モードにするのが普通である.したがって周波数の高い方に側帯波が出る.あまりないケースだと思うがバンドエッジで運用する場合,リグの表示周波数で高いほうに 2KHz のマージンが必要である.
by JM1WBB | 2011-01-08 23:32 | EME
ブログトップ | ログイン