GONGON の無線日誌

jm1wbb.exblog.jp

160m から 2m まで DX 追っかけ生活の悲喜交々

神経を抜いた歯の顛末

民間療法はあきらめて(笑)歯医者へ行った.午後一番に電話をしたので同日中に診察を受けるのは無理かと思っていたが空きスロットがあり診てもらえた.

今回も前回の(レントゲン写真に書かれた日付から3年前らしい)歯周病の原因になったのと同じ歯が悪さをしているそうだ.学校のたぐいを出てから虫歯で歯医者にかかった記憶はないので,恐らくは中高生の頃の虫歯治療によるものだと思われるが,唯一神経を抜いた歯.ここ十年くらいこの歯の根元や周辺が数年おきに歯周病菌や雑菌にやられて痛む.また風邪の引き始めにも痛むことが多い.

症状は問題の歯の歯茎が化膿して膿が溜まっている状況.しかもレントゲン写真による所見では問題の歯が内部で割れている可能性が大だそうだ.うーん,腫れがひいても抜歯して入れ歯かよ.厄介なことになってしまった.

追記:抜歯ということになったら,噛めそうにない&金属アレルギーで悩まされそうな部分入れ歯や関係のない歯を削らないといけないブリッジや保険が効かずに高額なインプラントはやめて,空き歯というわけにいかないか.医師に聞いてみよう.もともと肉はあまり喰わないので噛めなくても問題は少ないと思う.

取りあえずはレーザーで腫れている箇所を焼いてもらい,抗生剤を処方してもらった.

歯科医師曰く「神経を抜いてしまった歯は血液の循環が悪くなることがあり栄養分が行き届かずに,色々と悪さのもとになることが多い」そうだ.医師曰く「虫歯は虫歯の菌を殺せば治るし歯周病は歯周病菌を殺せば治るが,割れてしまった歯はどうにもならないので抜くしかない」 お心当たりのある方はご注意と定期的な検診とクリーニングを.
by JM1WBB | 2011-09-01 00:30 | 生活/家族
ブログトップ | ログイン