GONGON の無線日誌

jm1wbb.exblog.jp

160m から 2m まで DX 追っかけ生活の悲喜交々

PC にハマった

息子に WinXP 機として数世代前の Mac mini を与えていたが先週壊れてしまった.もともと Bootcamp に問題があるのか動作が安定しなかった.以前 MAP65 用に組んでもらった PC を引っ張り出してきて使わせていたが,こいつも音がでない.オンボードで AC97 が載っているが我が家に来た時には既に死んでいたような記憶.CMOS 画面から Enable にしても WinXP から見えない.というわけでサンドボードを探しだしたわけだが,PCI カードの知識は 95 年くらいを最後に更新されていない.ヤフオクで検索すると Sound Blaster が出て来たので迷わずポチ.本日手元に届いたので作業.出展者が非常に仕事の早い方で助かりました.

まずは得体の知れないカード2枚を撤去して今回購入した Sound Blaster Live5.1 CT4830 を装着.あれ,ビープ音が出て起動しない.ググってみるとこうゆう時はカード類の抜き差しとメモリーの抜き差しをするのが定石らしい.でやってみたら起動するようになった.どうも AGP と PCI のコネクタ類が接触不良を起こしていたようだ.起動後は WinXP からも無事認識され,メーカのホームページからレイテストのドライバをダウンロードしてきて更新.現在 iTunes でラジオを鳴らして動作確認ちう…

壊れた Mac mini もなんとか復活させてシャックに持っていきたいところ.おそらくは ATA のライザーカードの接触不良(以前誤ってコネクタを割ってしまった)とは思うが,別の箇所に原因があればお手上げかもしれない.
by JM1WBB | 2011-12-01 17:15 | IT
ブログトップ | ログイン