GONGON の無線日誌

jm1wbb.exblog.jp

160m から 2m まで DX 追っかけ生活の悲喜交々

ネットワークが安定

ルータの入れ替えMac OS の入れ替えをしてからどうもネットワークが不調で困っていた.

 1) 速度が出ない.計測サイトで 5Mbps ほど
 2) 外部に ssh ポートを見せていると half open 攻撃でルータが挙動不審になる
 3) ルータの IPS 機能が正常に動作していない(ように見える)

1) については WinXP 機にも JRE をインストールして速度を計測.結果は Mac に限らず遅い.Lion の TCP スライディングウィンドウにバグがあるわけではなかった.となると LAN 環境/ルータ/網側のいづれかにに原因があると思われる.

一番怪しかったルータを古い物に切り戻してみると,安定して動作するし速度も出ることがわかった.そこで新しい筐体に古い筐体の IOS をコピーしたところ速度が出ることがわかった.つまり新しいほうの筐体が壊れているわけではない.

新しいほうの筐体にいろいろと IOS のバージョンを入れ替えてみたが,最初から入っていた 15.0(1)M7 及び 15.1(4)M では速度が出ない.12.4 T-train の最新である 12.4(24)T6 もダメ.しかたないので長年使い続けてきた 12.4(6)T2 に入れ替えた.

結果,計測サイトでは常に 80Mbps 以上出ている.3) の ips についても正常に検出できるようになった.2) の問題も 3) が解決したので問題がなくなったと思われる.

と長々書いたが,(僕が試せた範囲&僕の環境では)Cisco 1812J で一番安定している IOS は 12.4(6)T2 で決まりという感じだ.

しかしまぁ
 %IPS-4-SIGNATURE: Sig:3050 Subsig:0 Sev:5 Half-open Syn [hogehoge -> hagehage]
とか
 %FW-4-ALERT_ON: getting aggressive, count (213/500) current 1-min rate: 501
攻撃を受け続けている
by JM1WBB | 2012-01-17 00:26 | IT
ブログトップ | ログイン