GONGON の無線日誌

jm1wbb.exblog.jp

160m から 2m まで DX 追っかけ生活の悲喜交々

新鯖導入!

従来は倒れる寸前みたいな古い Mac G4 Cube をいわいる自鯖として使っていたが,しばしば高負荷になり不具合が出ていた.
 cpu0 at mainbus0: 7410 (Revision 0x1103): 500 MHz: 1MB backside cache

今回,知り合いから IA 機を無償で譲り受けることになり,昨晩入れ替え作業を実施した.
 cpu0: Intel(R) Core(TM)2 Quad CPU Q6600 @ 2.40GHz ("GenuineIntel" 686-class) 2.41 GHz
 cpu1: Intel(R) Core(TM)2 Quad CPU Q6600 @ 2.40GHz ("GenuineIntel" 686-class) 2.41 GHz
 cpu2: Intel(R) Core(TM)2 Quad CPU Q6600 @ 2.40GHz ("GenuineIntel" 686-class) 2.41 GHz
 cpu3: Intel(R) Core(TM)2 Quad CPU Q6600 @ 2.40GHz ("GenuineIntel" 686-class) 2.41 GHz
と,xBSD 系 OS にとっては豪華絢爛である.

切り替え自体はちまちまとアプリを入れたり定義を入れたりと割とすんなり終了したが,自作のドライバが動かない.KA9Q NOS タイプの IP-in-IP ドライバで元は FreeBSD 用に書き下ろしたもの.OpenBSD4.9/macppc では問題なく動作していたのだが,OpenBSD5.0/i386 では panic を起こしてカーネルが死んでしまう.

鯖は暖房のない地下の納戸に置いてあるので寒くてコンソールでのカーネルデバッグは厳しい.明日には Amazon に注文済みのシリアルカードが届くようなので,これを装着してシリアルコンソールでデバッグしようと思う.

HK0NA は終わってしまったし毎日寒い日が続くのでシャックイン出来ず,IT ネタが続くのであった.
[PR]
by JM1WBB | 2012-02-08 22:32 | IT
ブログトップ