GONGON の無線日誌

jm1wbb.exblog.jp

160m から 2m まで DX 追っかけ生活の悲喜交々

気管支内視鏡検査

e0211513_12582851.png
今日は気管支内視鏡検査を受けた.こんなものが世の中にあるのは知らなかった.いわば胃カメラの肺版で,管は胃のよりも細いとは言え,当然「おぇ」となる.喉には厳しかったが,患部の採集は麻酔がよく効き全く痛みを感じなくて済んだ.すでに検査終から2時間以上を経過しているが,まだ喉が痛い.しかし検査は高い.検査だけで還付対象額に達しそうな悪寒w 来週はもっと高価な検査が待っているorz

追記(気管支内視鏡検査についてのメモ):
 ・筋肉注射は痛い.打ったときだけでなく,10時に打たれたものが夜になっても痛みが引かない.
 ・噴霧式の麻酔ですでに「おぇ」とくる.しかも結構長くかかる.
 ・本番は「おぇおぇ」の連続だが組織採集くらいまで進むと麻酔で楽になる.

朝からは禁食(水もダメ)ということで喉がカラカラの状態で,麻酔薬をかけられたり,カメラの管が通過するわけで,喉がかなり痛くなった.俺には胃カメラよりもさらにつらく長く感じられた.出来れば避けた方がいい検査と言えようw
[PR]
by JM1WBB | 2013-08-09 13:01 | 不健康日記
ブログトップ