GONGON の無線日誌

jm1wbb.exblog.jp

160m から 2m まで DX 追っかけ生活の悲喜交々

Apple 純正 WLAN Stumbler

e0211513_10502783.png病棟の廊下には,天井から逆さ吊りに構内 PHS 用の(昔のハンディー機用のような)アンテナが生えている他に,某C社製 Aironet (WLAN AP) が設置されている.残念ながらステレスモードで動作しているらしくビーコンを出しておらず SSID すらわからず.捜索を試みる.

以前は Mac Stumbler という WLAN 解析用ツールが個人から発表されていたが,Apple の Private Framework を使っているのでライセンス的にアウト.そもそも Intel Mac 用のバイナリーは存在しない(と思う).

ググってみたら Mac OS 10.7 以降には Apple 純正 stumbler が付属しているとのこと.さっそく試してみたが残念ながら該当の AP は見えなかった.このツールは Mountain lion ならフォルダー "/System/Library/CoreServices" にある "Wireless Diagnostics.app" というもの.起動すると認証が求められるのでパスワードを入力,その後のダイアログには手を触れずに "Command + 2" を押下すると,ツールが起動して写真のような窓が表示される.
[PR]
by JM1WBB | 2013-09-12 11:15 | IT
ブログトップ