GONGON の無線日誌

jm1wbb.exblog.jp

160m から 2m まで DX 追っかけ生活の悲喜交々

小腸で途中下車をするには手間がかかる

ここ数ヶ月間の検査漬けでも唯一,内視鏡が通過していない小腸のお話.相変わらず貧血症状が治まらずに,採血検査をしては輸血の日々.いったい何ユニットの輸血を受けたのだろう… 先週末は自宅外泊を早々に切り上げて,日曜日の早朝に病棟に戻らざるを得なかった始末.

で,いいかげん貧血の原因になっている消化器内の出血箇所を特定することになった.まずは腹部造影 CT 撮影を再度受診.結果,どうも小腸に怪しいのがあるということで,これを出血源と特定.刺激をせずに止血を最優先に絶食開始(涙

小腸は上からも下からも遠く,またそれ自体の長さも長く,内視鏡検査が一番遅れている分野だそうだ.最近はカプセル内視鏡というのが流行りだそうで自分の場合もそれが計画されたが,専門医から患部の場所を特定できないという指摘あり,経口バリウム造影という検査を受けることになった.会社の検診で受診する胃のバリウム検査とほぼ同じ方法・内容だ.小腸の腸管は長いから胃のそれと異なり,終了(バリウムが大腸に降りた写真が撮れれば終了なのだそうだ)まで2時間近くを要したが,ひどい痛みや苦しさを感じることはなく無事に終了.検査技師が説明好きなかたで勉強になったし面白かった.

というわけで来週は(一応)上部内視鏡(胃カメラ)検査を経て小腸を手術の予定.外科医が関与しだすと治療は気持ちがいいくらい加速する.まぁ貧血で入院したわけではないので,本チャンの病気も治療してもらわらんと(笑
by JM1WBB | 2013-09-27 18:50 | 不健康日記
ブログトップ | ログイン