GONGON の無線日誌

jm1wbb.exblog.jp

160m から 2m まで DX 追っかけ生活の悲喜交々

<   2010年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

明日(もう今日か)から帰省するので 2010 年のまとめを書いてみる.交信総数は 1421 交信.DX と国内 (DXCC 339) の比較は
 DX: JA = 1148:280
で 81% が DX との交信.最近は 40m SSB の国内交信に興味を持ち始めたので来年はもう少し国内交信も増やしたいと思う.バンド別及びモード別のまとめは以下.
e0211513_1571715.jpg
我ながら偏っていると思う.なお,80m/10m はロクなアンテナがない.

2m EME の結果は,
e0211513_2151912.jpg
と,後半戦にペディション続きで running 出来なかったことと ARRL EME Competition で局数が稼げなかったことが効いてしまい,今年も ARI EME Marathon は勝負になりそうもない.

来年の話は年が明けてからすることにする.では,みなさま,よいお年をお迎えくださいませ.
by JM1WBB | 2010-12-30 02:27 | 無線一般
サウンドボード無線機は特殊なものが必要か?

結論から言うとサウンドボードはよほど癖があるものでなければ何でもよい.ギリギリの信号を2台の PC で受信をすると片方ではデコード出来てももう片方ではデコード出来ないことがある.が,こんな受信信号に応答しても QRPp ではまず届かないからである.私は当初は ThinkPad R32 を,QRO 後は T42 を使い続けているが全く問題を感じていない.

PC の時計かなり正確に合わせておく必要がある.ひどい PC は1分間のシーケンス中に1秒ずれるなどというものもあると聞く.ntp や sntp クライアントを使ってインターネット上の公開 ntp サーバに同期させる.GPS の PPS に同期させるのはかなり難しいのでお勧めしない.WinXP までなら「桜時計」がお手軽でお勧め.

無線機も市販機で十分.ただしQRH がひどいのは不利なので(しかも画面でワッチしている局に見えるので格好悪い) TCXO 等が装備されていることが望ましい.私は IC-910D(ノーマル仕様)を使っている.DSP 機が有利かどうかは DSP 機を使ったことがないので不明.将来 QRO して電信でガンガンおやりになるという向きならば,HF の高級機にトランスバータも選択肢の一つではある.
by JM1WBB | 2010-12-29 23:21 | EME
コメントにお答えしてw
 MR = MoonRise = 月出
 MS = MoonSet = 月没
はいいとして.

INIT (Initial) はちょっと複雑です.僕の理解も間違っているかもしれません.「 430 & UP 関係」の資料で EME カンファレンスで合意された定義というものがあったのですが,URL がわからくなりました.
 1) その設備との 1st. QSO
 2) その局とは交信済みだが,移動運用や移転にともないグリッドロケータの上位4桁に変更があった   交信
かな… つまりはゲストオペとの交信はコールが異なっていても INIT にはならない.

UNIQ GL は僕の造語ですHIHI 僕は JARL の WASA アワードと同義に使っています.

英文チャット用語で日本人に身近ではないものには
 LoL = laughing out loud = わら
 73 = あなたとのお喋りは終わり
   SKED の相談から実際の交信に移る時に Isao, OK I will call you. GL 73 みたいに使いますね
  あるいは一方的にメッセージを送る時にも最後 73 を入れるのが慣習のようです.
   Aran, I have received a your QSL card today. Thanks. 73
  とかなどなど.

用語でわからないものがありましたら,コメントあるいは @jarl.com でおしらせください.> 皆様
by JM1WBB | 2010-12-29 00:33 | EME
いつ運用すればいいのか?

もちろん月が出ている時(昼間でもかまわない).月は約 28 日の周期で地球の回りを楕円軌道を描いて公転している.まずは月単位での運用日から.月が近く背景ノイズが少ない日を選ぶ.これは DGRD というもので数値化されており,私の公開しているカレンダーW5LUU's s Moon Data で知ることができる.およそ DGRD が -5.0dB から 0dB の間がターゲットになる.欧州の QRP 局は -2.5dB を切ったあたりからアクティブになる傾向がある.

もう1つ赤緯 (Dec)というのがある.見かけ上の月の高さとでもいえばいいだろうか.これが高ければ高いほど,北米や欧州との共通窓(同時に月が出ている時間帯)が長くなる.

次にターゲット日の運用時間帯.これは難しい.先日アンテナの項で述べたが小さななアンテナを使用する場合,グランドエフェクトが効く低仰角(月出から 20 度程度まで)が主戦場になる.が問題はその時間帯が北米や欧州で人が起きているかどうか.大きな設備を構築し気が狂ったように運用している人たちも毎日徹夜はしてくれない.こればかりは先方の気分次第なので予測困難である.

条件がそろっても必ずしも成功するわけではない.最適な送信偏波面というタイトルで簡単に述べた偏波問題が残っている.運良く Geometric Rotation が |0-20| または |70-90| くらいの範囲で, Faraday Rotation がおとなしい時にだけお互いの偏波面は保存されるのである.偏波面が 90 度違うと極端に通信が困難になるのは地表波でご案内のとおりである.だが Faraday Rotation は有効な面もあり,国内地表波と EME を同じアンテナで運用するために垂直偏波で設置されたアンテナでも,欧米の水平偏波局と EME 交信が出来るチャンスがある.実際,国産の垂直偏波4八木でガンガンとやっている局はいる.
by JM1WBB | 2010-12-28 17:41 | EME
QRV 情報を知るには

ずばり N0UK が開設している JT65 EME - 1 チャットがお勧めだ.設備を用意する前でも眺めていると色々なことが学べる.必ずしも英語がネイティブではない欧州局もコンディションのよい週末にはたくさん出てくる.N0UK 板と併用したいのが LiveCQ on 144MHz だ.SDR を使ったオートスポットを見ることが出来る.運営とレポートはボランティアベースであり,またたいへんやっかいなシステムを構築する必要があるためスポットできる局は少ないが欧州がアクティブな時間帯は見ているだけでも楽しい.残念ながら日本でこのシステムを導入している局はないので,日本の南中時には何もレポートがあがらない.(私は導入に失敗し断念した)

Moon-net メーリングリストも情報の宝庫.使用言語は英語だが必ずしも全てを読む必要はない.2m に関係あり自分が興味ある話題だったら読むだけでも価値がある.

最初から大型設備と QRO で始めるという向きには MakeMoreMile の閲覧をお勧めする.よだれたらりの EME DX ペディション情報が満載だ.
by JM1WBB | 2010-12-27 23:31 | EME
仰角ローテータは必要か?

あえて必要と書く.まず水平仰角固定の場合は,グランドエフェクト(大地反射よる利得)を利用する.田んぼの真ん中など理想条件では +10dB 程度までの利得増加が見込めると言われている.実際 JD1BMP の運用では仰角 10 度を切るあたりからは水平仰角での運用が効果的であった.また自分のアンテナの垂直方向のローブを知っていたほうが良い.ローブは MMANA-GAL などのアンテナシミュレーションソフトで簡単に得ることができる.シングル八木では最低でも第3ローブまでは使い物になる.

じゃ仰角を制御する必要はないじゃないか,と言われそうだが大きな落とし穴がある.それは必ずしも北米のビッグガンが日本の月出に出てくるわけではないし,欧州が日本の月没に出てくるわけではない.先方も多くはサラリーマンであり,日本とは時差があるのだ.特定局とスケジュールを設定して1交信できればいいと向きだったらば不要かもしれないが,多くの場合欲張りになるのが人の性である.

機会均等法に則るならば是非仰角も制御したい.必ずしも高価な仰角ローテータがなくとも手動でも良い.ペディションなどでは,大きな 360 度分度器をマストの根元に,大きな 90 度分度器をブームに取り付けて方位角/仰角ともに手動制御というのは珍しくない.手動の場合は南中前後を除けば,およそ 30 分に1回程度の修正で済む.

ではなぜあえて必要としたのか.それは運用者の余裕度を高めるためだ.不慣れなソフトの操作,どんどん過ぎていく時間などなど.上級者でもアンテナを月に追尾させることを忘れてしまい,自分のエコーが聞こえなく(見えなくなって)気づくことがある.
by JM1WBB | 2010-12-27 23:10 | EME
モードは CW でなく WSJT を使ったデジタルモードの JT65B に限定する.

出力を 50W と限定しているのでアンテナが成功への重要なファクターになる.ここを見ると,一般的に八木アンテナの利得はエレメント数にはあまり関係なくてブーム長で決まると言える.QRO ならば周辺の雑音を避けるためにビームパターンにも気をつかう必要があるが,ここでは QRP なので気にしない.

まずは聞こえなくては話にならない.経験的には 2wl(ブーム長が2波長.すなわち 4m)前後のスタック(例えば CD 社製 2X209)から Big gun の受信が出来る.3wl 以上ならシングル八木でも受信できる可能がある.ちなみに自宅に上げてある 1.2wl では超 Big gun でも希にしか受信できていない.なお同軸が 5D2V あたりだと直下型プリアンプがないと難しい.そうでなくてもせめて卓上プリは用意したほうが望ましい.( 50W で deaf になる可能性だってある!)

問題は送信.50W は例えば 500W と比べて 10dB も小さな出力.現在 JT65B モードでのデコード限界は -28dB とされている.特に訓練された人が耳で聞き取れる電信の S/N 比の限界が -20dB 程度と思われるので,電信に比べると 8dB のマージンがある.

同軸やコネクタでのロスを無視すれば,あとは単純な計算である.相手が 500W と想定すると (-28)+10=-18 となり相手が S/N 比 -18dB で受信できれば,相手には S/N 比 -28dB で届くハズ.諸外国の Big gun 達は非常にノイズの少ない場所/システムであることが多く,実際には S/N 比 -22dB 程度で受信できれば届くことがある.

なお EMEer には比較的リーガルパワーにはこだわらない人が多いが,「」はダメである.目出度く成功した時に相手に出力を尋ねられたら免許に何ワットと書かれていようが,実際の出力(どうしても嫌なら「それは聞かないでくれ」と)答えるべきである.なぜならば QRP の相手をしてくれる局は耳競争をしているからであるから.それに上でわかるように大凡は計算出来る(笑

僕の現システムでの最小設備相手の記録は 2 x 3wl, 50W の国内局と 1 x 3wl, 100W の外国局(複数局).どちらも同じ EIRP というのが面白い.

注)ここで言っている S/N 比とは,WJST ソフトウェアで表示される S/N 比.
by JM1WBB | 2010-12-26 23:49 | EME

40S

中古の EME タワーと HF タワーの根元を息子に掃除させてローバルを吹いた.ローバルのスプレーは若干値が張るが気休め料としては安い物である.EME 用のアンテナはあいからずソッポを向いていたが放置プレイ.(直しても直しても一風でずれてしまう)

少し HB を聞いてみたが時間が早かったためか LP は聞こえず.聞こえるのはロシア語のみ.15S/10S が狙いの某小笠原局は休憩中の様子.40C で知り合いにお声がけ(おキーがけ?)した後,40S で 30 分ほどプチランニング.国内各局にコールしていただいた.TNX!!

帰りはひどい渋滞.3, 4 号下りから延々つながっている感じだったので.C2 をいつもとは逆回り(銀座回り)して 2 号に逃げて平塚橋/武蔵小山経由で目黒通りで帰宅.迂回は正解だったと思う.
by JM1WBB | 2010-12-25 22:35 | 無線一般
最近,EME を始めたいが敷居が高いという話を聞く.そこで何回かにわたってノウハウを書いてみようかと思う.ちなみに僕が容易に免許が下りる 50W で,EME に挑戦し成功したのは 2006 年の夏なので,記憶が怪しいのは勘弁していただきたい.なお EME の敷居は実は低いというテーマで書くつもりだが,感覚が QRO 後に毒されているので,「それは」ということがあればご指摘いただきたい.ちなみに僕の 1st. EME QSO は,HB9Q@432MHz だ.当時の設備は,衛星通信用の CD 社製 2X720 に IC-910D 50W 出力だった.さらに翌日には同局と 144MHz でも交信できてしまった.144MHz のアンテナは 2X211 だった.

今日は決意表明だけ.しかしこの連載は続くのだろうか.あまり自信がない,

明日は家族で阿見アウトレットへ行くついでに,シャックの保守点検を行う予定.
by JM1WBB | 2010-12-25 01:05 | EME
どのバンドも自宅の R7 では QRN に負けていて呼べなかった VK9NN だが,今日午後の 20C はガンガンに入感,しかも誰も呼んでいない.オンフレで1発コールで捕獲.Web を見たら今日までらしい.辛くも滑り込みセーフ.でも Band new でもなんでもない.160m と TTY が欲しかった…

久々に衛星通信に出没.VO-52 20 時台のオービットに出た.CW で2交信.6m や 9M での運用で知られる JI1ETU 局が出ていてビックリ.最初は BB? で返ってきたが最後はフルコールで TUTU を打っていただいた.

ここ2週間ほど体調が絶不調でシャックに行っていない.鼻と咳と微熱から始まった風邪がちっともよくならない上に両耳に滲出性中耳炎を併発してしまった.今日も耳鼻科に通院.妻は同じ風邪.息子は気管支炎と急性中耳炎.不健康家族状態.ZK7, V7, S2, VK\9N の LB 追っかけも出来ず.

今週末の EME は,好コンディションが予測されている&月没が 00z 前後と早起きをすれば Eu を稼ぐにはもってこい.なんとかシャックに行きたいが風邪と中耳炎の具合次第.せめて微熱だけでも下がらないと車の運転が危なくて出来ない.今週末に行かないと1ヶ月以上シャックに行っていないことになってしまう.
by JM1WBB | 2010-12-22 23:59 | 無線一般
ブログトップ | ログイン