GONGON の無線日誌

jm1wbb.exblog.jp

160m から 2m まで DX 追っかけ生活の悲喜交々

向きが悪いんだ

夕食会から戻り 160m を聞くと ZL8X が UP/DWN で快調にさばいていたが,今朝交信出来ていると信じて保険はかけず.(こういう時はだいたい NIL なんだけどw)→ 見事に落選orz

某大磯町の Big gun の CQ をワッチするがエコーが全く見えない聞こえない.ベラルーシ(魚円だ!)と SKED を組むロシアの局もカスカス.これはおかしいといろいろとチェック.なんとアンテナが 10 度もそっぽに向いていた.風で回された様子はなかったので,ここ数ヶ月間そっぽに向けて運用していたらしい.高仰角では方位角ずれの影響が顕著にでるみたい.普段は低い時ばかりに運用しているので(南中前後は NA では月が落ち Eu ではまだ月が昇っていないので相手が少ない)気がつかなかった.ちょうどいいタイミングで DK3WG が珍しく CQ を出していたので AZ オフセットを調節した.自分のエコーがガンガンと返ってくるようになり安心.

4本の八木のうち後ろから見て,左上のはかなり(10 度くらいか?)右下のは少し外側にハの字.結果目視と実際のフロントがずれてしまっているので話がややこしい.(直せよ)

Eu 全域で月が出たあたりから EME の打ち込み開始.昨晩の分を含め INIT は +6 と思われる.交信局数は不明.(実はログのコピーを自分宛にメールするのを忘れて確認できない.まぬけすぎ).

土曜日は臨検のさいにいただいたジャックダニエルズがあるので,呑みながら月没まで運用して就寝.
[PR]
by JM1WBB | 2010-11-21 23:21 | EME
ブログトップ